新着一覧

 

乾燥や二枚爪から守る!弱くなった自爪を守るネイルハードナーとは?

乾燥やジェルネイル・リムーバーなどによって、弱くなってしまった自爪。ネイルができないからといって、放置したままにしていませんか?このような弱った爪には、栄養を与えたり保湿による保護が必要です。自爪を保護してくれるアイテムはさまざまな種類がありますが、今回はその中でもベースコートのように使える「ネイルハードナー」についてご紹介します。ネイルハードナーを活用して、大切な自爪を外部の刺激から守りましょう。

ネイルハードナーとは?

 (515796)

ネイルハードナーとは、さまざまな外部ダメージ(寒さ・乾燥・ジェルネイルの繰り返し・紫外線など)によって弱くなってしまった爪や、折れやすくなってしまった爪を保護・強化してくれるネイルアイテムのことをいいます。
ほとんどのものがベースコートタイプになっており、ポリッシュなどのベースコート代わりにも、使えるものも多いです。
ジェルネイルのお休み中や、何も塗っていないときでも、ネイルハードナーを塗っておくことで、爪をさまざまな衝撃・刺激から守る事ができるようになります。

こんな状態の爪を救済!

ネイルハードナーは商品ごとにさまざまな効果がありますが、その主な効果は弱い爪を保護したり、強化して守ることにあります。
もともと爪が弱い人も、ジェルネイルの繰り返しで弱くなった爪も、まとめて救済してくれるすぐれものなのです。
これからの季節は、特に乾燥も強まって自爪が弱くなりやすいです。
今まで平気だったという人でも、乾燥によって突然爪が弱くなることがあるので、保湿ケアや爪の保護ケアを強化しましょう。

●ジェルネイルで爪が弱くなってしまった
●もともと爪が薄くて弱い
●爪が伸びても折れやすく伸ばせない
●乾燥で二枚爪になってしまった
●何も塗らないときにも爪を保護したい
●ネイルができないときでも爪をきれいに見せたい

ネイルハードナーの使い方

ネイルハードナーは、ベースコートやトップコートのように爪に塗ってしばらく乾かすだけで、OKです。
マニキュアを使うときは、ベースコート代わりに使うようにしましょう。
トップコート機能も持っているネイルハードナーは、塗るだけでツヤも出てきます。

●塗りっぱなしでもOK
ネイルハードナーを一度塗ったら、1週間程度はそのまま塗りっぱなしでも大丈夫です。
しばらくしたら塗ったネイルハードナーが剥げることがありますが、さらに塗り重ねておけばまた元の状態になります。
ただし、2週間ほど経ったらいったんリムーバーで丁寧にオフをしましょう。
丈夫なネイルハードナーも2週間ほど経てば、紫外線を吸収して色あせたり、剥げが強くなったりします。
見た目もよくないので、いったんオフするのがおすすめです。
リムーバーを使ったあとは必ず手を洗って、ネイルオイルやハンドクリームなどで乾燥を防ぎます。
きれいな爪になったら、またネイルハードナーを塗るといいでしょう。

薄くなった爪も強力に保護してくれるネイルハードナー。
正しく使って、大事な自爪をさまざまなダメージから守りましょう。

Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事

コメントなし

「手がかかる子には…」朝ドラ『べっぴんさん』のセリフに子育て中の親たちが号泣

現在放送中の連続テレビ小説『べっぴんさん』(NKH)。 アパレルブランド「ファミリア」創業者の坂野惇子氏の人生をモチーフとし、戦後の混乱期をたくましく生き抜く女性たちの姿を描いたストーリーが人気を博していますよね。

コメントなし

リリー・フランキー、実写版『銀と金』で銀王役「福本先生のご指名」。激似

記事提供:テレビPABLO

コメントなし